オリンピック

四十住さくらの韓国出身説はうそ!実家はどこ?スポンサーも!

四十住さくらの韓国出身説はうそ!実家はどこ?スポンサーも!

東京オリンピック2020のスケボー パークで初代金メダル候補として注目を集めている四十住(よそずみ)さくらさん!

四十住さくらさんを調査していたら韓国人説が浮上していましたが、私が白黒させました!

四十住さくらさんは韓国出身ではありません。

この記事では

  • 四十住さくらさん韓国人説が生まれた理由
  • 四十住さくらさんの実家
  • 四十住さくらさんの父親・母親・兄

を紹介していきます。

最後まで楽しんでいってください!

四十住さくらさん韓国人説が生まれた理由

 

この投稿をInstagramで見る

 

四十住 さくら(@sakura_yosozumi)がシェアした投稿

四十住さくらさんが金メダル候補ということで色々調査しましたが、スケートボードのこと以外にも、世間の方たちが気になることが続々と出てきました。

素晴らしい技術を持ったアスリートの宿命なのでしょう!

 

あなたは、四十住さくらさんはスケボーの技術がヤバくて金メダル候補だけど、

「あれ?苗字が特殊だな〜」

「なんて読むの?」

と思ったはず。

私も同じでした。

苗字の読み方が難しいです。「よそずみ」と入れても予測変換で出てきません!

この名前が難しいと理由から【四十住さくらの韓国出身説】が生まれたのではないでしょうか?

またTwitterでは違った面から【四十住さくらの韓国出身説】が生まれているようです。

 

他にも「顔が韓国人に似ているから韓国人?」みたいな記事をいくつか見つけました。

もちろん悪気はないのでしょう!!

この【四十住さくらの韓国出身説】

名前と顔の特徴が気になった世間の声から徐々に発展

した噂だったようです!!

もちろん調べましたが、四十住さくらさんは和歌山県ご出身の日本人でした。

四十住さくらさんの実家

では四十住さくらさんのご実家はどこなでしょうか。

生まれたところが和歌山県岩出市出身となっています。

おそらく現在もこちらに住んでいると思われます。

地図がこちらです。

また地元の老舗酒造会社・吉村秀雄商店が2020年11月に四十住さくらさん専用でスケートパークを提供してくれています。

このスケートパークは、幅25メートル×奥行き23メートル×高さ約15メートルの元々精米所として使用していた巨大倉庫を、約2か月をかけ無償でプライベート練習場に改装しているそうです。

高さがそれぞれ違うバーチカルランプ(ハーフパイプ)や広くとった平面部分など、こだわりが詰まった練習場になっています。

名前を「さくらパーク」といい、画像がこちらです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

四十住 さくら(@sakura_yosozumi)がシェアした投稿

四十住さくらがInstagramでも「地元和歌山県に完成」と言っています。

「さくらパーク」は自宅から5分という近さで、練習するのに最高の環境という情報もあります。

おそらくこの「さくらパーク」は元々精米の倉庫として使用していたということで、吉村秀雄商店の近くにあると予想できます。

吉村秀雄商店の場所がわかれば四十住さんの2020年11月時点の自宅がわかりますね。

また『地元和歌山』という言い方は生まれ育った場所をいう時によく使う言葉ですね。

つまり出身も和歌山県で間違いないでしょう!

吉村秀雄商店の場所がこちらです。

吉村秀雄商店は和歌山県岩出市にあります。

つまり、四十住さくらさんのご自宅は和歌山県岩出市にあるということでいいでしょう!!

四十住さくらさんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

四十住 さくら(@sakura_yosozumi)がシェアした投稿

四十住さくらさんのプロフィール
  • 2002年3月15日生まれ
  • 和歌山県岩出市出身
  • 和歌山・伊都中央高校
  • 159cm

2013年に兄の影響を受けてスケートボードを始めたそうです。

四十住さくらのスポンサー

四十住さくらさんのスポンサー
  • 株式会社ベンヌ(Bennu Co., Ltd.)
  • レッド・ブル
  • ポロ・ラルフローレン

スポンサーもレッドブルがついていますね!

多くの一流ストリート系アスリートにはレッドブルがスポンサーになっていることがおいですよね

https://moonsun-sora.com/nakamurarimu-annual-income/#i

まとめ

色々と世間では噂はありますが、四十住さくらさんにぜひとも競技に専念してもらい、オリンピック スケボー パークの初の金メダルをとってもらいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。