話題

THE Wはやらせ?オダウエダ優勝はありえない!つまらない、面白くないと批判殺到!

【考察】THE Wオダウエダの優勝はやらせ?つまらない、面白くないと批判殺到!

2021年12月13日の日本テレビ系で放送された『THE W』で【オダウエダ】が優勝しましたね。

『THE W』放送後にSNSをチェックしてみると、オダウエダの優勝に疑問の声が多数上がっています。

そこでTHE Wでオダウエダが優勝したことはやらせなのか?ありえない!といった声や、オダウエダはつまらない・面白くないと言われています。

それではさっそくいってみましょう。どうぞ!

THE W2021 オダウエダが優勝!

オダウエダ

女性お笑い芸人の日本一を決める「女芸人No.1決定戦 THE W 2021」の決勝大会が13日、日本テレビ系で生放送され、オダウエダが5代目女王となりました。

決勝進出は

Aマッソ、女ガールズ、オダウエダ、スパイク、TEAM BANANA、茶々、天才ピアニスト、ヒコロヒー、紅しょうが、ヨネダ2000

最終決戦では、

Aブロックを勝ち上がったオダウエダ

Bブロック勝者のAマッソ

国民投票枠で選ばれた天才ピアニストの3組が2本目のネタを披露し、オダウエダが優勝となりましたね。

それではTHE Wで見せてくれたオダウエダのネタをみてみましょう。

ファーストステージ一本目のネタがこちら

そして優勝を決めたファイナスステージのネタがこちら

このネタを審査員したのが、ミルクボーイ駒場、アンガールズ田中、笑い飯哲夫、友近、久本雅美、ヒロミ、ハイヒールリンの7名。

Aマッソが2票、天才ピアニストも2票と票を分け合う形になり、

残りの3名、

  • 友近
  • アンガールズ田中
  • 笑飯哲夫

がオダウエダに投票し優勝が決まりましたね。

そして優勝賞金1000万円と、副賞の同局系番組出演権と冠特番を獲得しています。




オダウエダはつまらない・面白くない・ありえない?

優勝したオダウエダに対してネタが面白くない・つまらないといった声も上がっています。

Twitterで「オダウエダ」を検索してみると、自動で予測案内されるワードに

オダウエダ

と出るほど。

SNSの声で確認してみましょう。

個人的にはどの女芸人も面白かったとは思います。

しかしSNSの投稿で

オダウエダの面白い所が分からない人はお笑い分かってないって言ってる人がいるけど、9割の人間がその面白さを分からなかったらそれはつまらないってことなのでは?

というものに納得してしまいました。

また多かったのは、THE Wをもう来年からは見ないと言う声です。

来年は国民ほぼほぼ納得できる結果になって欲しいものですね。




オダウエダのTHE W優勝は吉本興業のやらせを考察

先に見たようにオダウエダは面白くないと思っている人も多く、オダウエダのTHE W優勝はやらせなのではないかと疑問視されているようです。

SNSの反応を見てみるとやらせではないかと言う声もたくさん上がっています。

このような声がある反面、オダウエダが優勝する【やらせ】に意味ないんじゃないか?誰が得する?といった、「やらせ否定派」もいるようです。

もしやらせだとすれば、どうすればいいのでしょう?

今回の優勝者の決め方は7名の審査員が面白いと思った女芸人に1票ずつ投票する形式でしたね。

最終決戦でオダウエダに投票した3名がこちらで

  • 友近
  • アンガールズ田中
  • 笑飯哲夫

この3名はお笑い芸人として、第一線で現在も活躍中ですよね。

この3人がわざとオダウエダに投票したということなのでしょうか?

優勝したオダウエダは吉本興業所属の芸人ということで、世間ではオダウエダが吉本興業だから忖度、やらせがあったのでないかということ言われています。

ではこの3名のそれぞれの事務所を見てみると

  • 友近・・・吉本興業 エージェント契約
  • アンガールズ田中・・・ワタナベエンターテイメント
  • 笑飯哲夫・・・吉本興業

と言うように、全員が吉本と関わっているということではありませんね。

 

そして、最終3組に残った芸人は

  • Aマッソ
  • 天才ピアニスト

ですが、天才ピアニストは吉本興業所属の芸人です。

これらのことからここから吉本興業がやらせをしたのではないかという疑惑は考えにくくなりました。

やはり審査員の個人のお笑いの好みが分かれただけということでしょうか?

国民の感覚とは少し違ったのも事実かもしれませんが…




まとめ

いかがだったでしょうか?

THE W2021で優勝したオダウエダがやらせではないか?

またつまらない、面白くないといった声をまとめました。

どんな声があったとしても、優勝したことは間違いありませんよね。

オダウエダさんには世間の批判的な声も糧にして今後も活躍していって欲しいと思います。

以上最後までお読みいただきありがとうございました。