ドラマ

【ドラマ】DCU主題歌(エンディング)の歌手Lizabetとは誰?

【ドラマ】DCU主題歌(エンディング)の歌手Lizabetとは誰?

2022年1月16日放送の日曜劇場『DCU』が放送され、最後に明らかになった主題歌が早くもSNS上で話題となっています。

放送前は米津玄師さんが主題歌を担当するのではないかと言われていました。

そこで気になる主題歌を担当した歌手についてまとめました。

では早速いってみましょう。どうぞ!




【ドラマ】DCU主題歌の歌手Lizabetは誰?

英国人とベトナム人の家庭のもと、香港で生まれ育った16歳のアーティストです。

曲名は

Another Day Goes By

この曲でデビューされていますので、日本では認知されていませんね。

今回の楽曲に対してコメントされています。

■Lizabet コメント
この歌に生命が吹き込まれるなかで、本当に素晴らしい多くの方々とご一緒させていただき胸躍る気持ちでした。小林武史さんがこの歌を私に託してくださったことに心から深謝いたします。

「Another Day Goes By」 は愛と悲哀について、そして何より、希望と困難を乗り越えようという想いを込めています。聴いてくださった皆様が、前を向き続けるための一助になれれば、と願っています。今を生きる私たちは、多くの困難に向き合っていますが、だからこそ、前を向いていたい…。

早く日本でこの歌を歌える日が来ますように。

Stay strong and keep on going ─ 強く、前へ ─

 

■小林コメント

数年前にアートを通じて香港とやり取りをしている時、思いがけず彼女の歌を聴き、“歌うために生まれてきたような才能” と初めて会ったかもしれないと思った。

 

一方で、今の香港情勢や気候危機などに対しても、音楽の力で乗り越えていけると思わせてくれるピュアな賢さも、彼女の書いた歌詞などから感じる。 アジアから世界と繋がっていく新しい音楽の役割を、彼女が果たせるのではないかと期待している。

■伊與田プロデューサー

彼女の歌声を聞いた時、背中がゾクッとしたのを覚えています。しかも年齢を聞いて驚きました。まだ16歳と。彼女にかけてみたいと思いました。

さらには、彼女をプロデュースするだけでなく作曲を担当するのが小林武史さんだと伺って期待値がマックスに膨れ上がりました。そして、出来上がってきた曲を聞いてさらに驚きました。

素晴らしい以外の言葉が見つかりません。この曲のお陰で、ドラマの世界観が深くなり、新たな世界へと導いていただいています。今では、ヘビーローテーションでずっと聞いています。この曲との出会いに感謝しております。