災害

【最新】台風9号進路!予測熱帯低気圧にならず、そのまま福岡へ

【最新】台風9号進路! 予測熱帯低気圧にならず、 そのまま福岡へ

台風9号は8月6日時点では熱帯低気圧に変わって、九州北部に上陸と予測されていましたが、台風のまま8日夜遅くから9日明け方にかけて九州北部地方に最も接近し上陸するおそれがあると予報になっています。

気象庁・ウェザーニュース・米軍(JTWC)のデータを参考に予測される進路、被害状況をみていきます。

台風9号(2021年)の現在の状況

8月7日15時時点の情報

台風が予報円の中心を進むと福岡県では、8日夜のはじめ頃に風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。このため、海上では、8日夜遅くから非常に強い風が吹き、波が高くなるでしょう。
台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が非常に不安定となり、9日にかけて大雨となるおそれがあります。
また、大潮の時期にあたり、台風の接近に伴い沿岸では潮位が高くなるおそれがあります。

引用:気象庁

米軍のJTWCから出ている台風9号の情報も見ていきましょう。

ことらでも熱帯低気圧にならず、台風のまま接近する予報になっています。


 

台風9号による雨・風の予報

雨の予想

8月7日18時時点の情報

7日から8日にかけて予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
福岡地方  70ミリ
北九州地方 70ミリ
筑豊地方  70ミリ
筑後地方  70ミリ

7日18時から8日18時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
福岡地方  100ミリ
北九州地方 100ミリ
筑豊地方  100ミリ
筑後地方  100ミリ

風の予想

8日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
福岡地方の沿岸の海域 20メートル(30メートル)
北九州地方の響灘   20メートル(30メートル)
北九州地方の瀬戸内側 20メートル(30メートル)
筑後地方の沿岸の海域 16メートル(30メートル)
陸上         15メートル(30メートル)

台風9号はいつ福岡にくる?

台風9号の現在の予報では、福岡県に再接近するのが8月8日の夜遅くから、9日の未明から明け方と見られています。

台風9号に対する福岡県の緊急情報

台風9号による公共交通機関情報

JR九州

台風9号接近に伴う、8月8日(日)の運転計画は通常どおりの運転を計画しておりますが、8日午後から台風の影響のため気象状況及び線路設備等の状況などにより、列車の運休、大幅な遅れが発生する場合があります。ご利用のお客さまには、大変ご迷惑をおかけいたします。

引用:JR九州

8月7日15時時点でのJRの情報です。

8月8日の午後からは遅延や運休の恐れがあるようですので、最新情報をこまめに確認しましょう。

→JR九州運休状況を確認する

西鉄

現在台風9号による運休などの状況はありませんが、こちらも台風の進路や勢力次第では変更がありますので、最新の情報はこまめにチェックしましょう。

→西鉄電車の運行状況を確認する

→西鉄高速バスの運行状況を確認する

台風9号のSNSの反応

まとめ

台風9号は熱帯低気圧の予報でしたが、台風のまま九州北部へ接近しています。

最新の情報を確認して、慌てず冷静な行動を心がけましょう。

以上最後までお読みいただきありがとうございました。